CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
大丸京都店催事中止に伴い・・

大丸京都店は催事がなくなったのですが、

リビング京都にチラシが掲載されたため、

お問い合わせをいただいております。

地元京都の方なので、ぜひ工房galleryの方に

来て頂ければとご案内しています。

こんな時期なので、1日1組お約束での
ご対応とさせて頂いております。

迷っておられる方も音色だけでも聞いてみたいと

思っておられる方も是非ご連絡下さい。

電話 075-811-6464もしくは075-691-7479(工房)

フアックス 075-691-7489 (ご連絡先を記してください)

メール futakataya@yahoo.co.jp

と、なります。

工房なので通常日曜日、各週土曜日はお休みを頂いていますが

お時間が合えば、工房に向かうこともできます。

音色をお任せいただけるのでしたら、ご自宅に送ることも

可能です。(送料はこちらで負担いたします)

急な中止でご迷惑おかけしました。

どうぞお気軽に、ご連絡お待ちしています。

 

 

 

| あなたへの逸品 | 12:22 | comments(0) | - |
大丸京都店『日本の職人展』中止のお知らせ

金曜日に荷物も出し、こんな中での催事・・と投稿し、

週末準備を進めていたのですが、8日から始まる予定だった

大丸京都店の「日本の職人展」は中止となりました。

京都リビングに大きく掲載してもらい、

知り合いからも連絡もらったりしてたのですが

今朝、中止決定のファックスが流れてきました。

せめて週末にでも決断できなかったのでしょうか?

遠方だと今朝早くから出発されている方も多いと思います・・。

不安を抱えながら準備をし、混乱の中動かなくてはならない、

そんな心情の中、大変です・・・。

掲載された写真を見てもしかしたら来て下さろうとしていた

方々にもこんな急なお知らせ、届くかどうかも分からない。

申し訳なく思っております。

5月6日からの福岡三越も週末コロナ感染影響での中止

発表されました。

ホテルと交通機関のキャンセルの手続きを行った。

さらに世の中が動かなくなってきた。

この先どうなっていくのだろう。

小さな工房の中で、出来ることを静かに進めていこうと

終息した時の何がしたいか、どう動けるかを

明るく思い起こしながら前を向きます。

 

 

 

 

 

| こりんの葛藤 | 13:47 | comments(0) | - |
こんな時期の地元での催しです

京都もトラスターと呼ばれる集団感染があり、

各地に広がり、ついに不要不急の外出は禁じる

緊急事態宣言が出されました。

こんな中の大丸京都店の催事が8日から始まります。

何回も中止になるだろうか・・と確認していたのですが

開催されるそうです。

営業時間が短縮されているので、是非ご確認ください。

この地元の機会に・・と思って下さっている方

本当にありがたいと感謝いたします。

地元で開催することも少なく、工房galleryが出来ても

日曜日はなかなか開けることが出来ずご不便掛けております。

ためしに気軽に音色を聞いてみたいと思っておられる方など

あれば、お越しください。

人もすごく少ないと思います。私は地元なので経費は最小で

通えるのですが遠くから、交通費やホテル代を掛けて

この催事に挑まれる方もたくさんおられます。

その職人さんの手掛けるすごい工芸品が結集するこの催事に

一人でも多く足を運んで頂ければ、感謝です。

こんな時期に言う事は非常識かもしれないけど・・。

マスク、手洗い、アルコール消毒など出来ることをやりつつ

お待ちしています。

 

大丸京都店 7階催事場「日本の職人展」

  4月8日(水)~13日(月)まで 10:30~19:30(最終日17時閉場)

    (営業時間など変更する場合がありますのでご注意ださい。)

 

| こりんの葛藤 | 14:56 | comments(0) | - |
コロナの目に見えない恐怖

子供の頃から土曜の8時にはテレビの前にくぎ付け。

ザ・ドリフターズの「8時だよ!全員集合」が始まる。

ほんとにお笑い芸人などの言葉もない時から、

ただおもしろいから笑えるから、家族いっしょに見ていた。

新型コロナウイルスに感染しわずか6日でこの世を去った

志村けん。。笑いにかけてはとても計り知れないくらい

大きな存在だった人。たくさんの人から愛されていたんだと

テレビの追悼を見れば伝わってくる。

改めてコロナの恐ろしさを最後に世界中の人に伝えて

去ったように思えた。

憎まれし、恐るべきウイルス・・・。

3月31日義理の父が昨年夏に引き続き、泌尿器科の手術をした。

夏以降すこぶる元気だったけど、やはりコロナの影響で母の施設が

出入り禁止見舞い禁止となり、朝早くから毎日足を運ぶのが

日課となっていた生活がリズムを壊し体に異変を期した。

膀胱も尿道も腎臓も腫れ、手足もパンパンに浮腫み、

原因がわからない。結局手術をしてもがんは無さそうで

なんで腫れているかわからないという事だった。

2時間半の手術を終え麻酔も少しずつきれて、だんだんはっきり

してきて、言葉も頭のしっかりもすぐ戻りその速さにびっくりで。

2日前に大腸カメラをし、こんな痛くて気持ち悪いのは

93年生きてて1番だったと言っていた。

長く生きていれば、いい事ばかりだったらいいけど

嫌なことも幸せなことも痛い事も様々な事を体験する。

それでもまた元の生活に戻り、暮らしていくと当たり前に

思ってそれを実行している父には頭が下がる思いです。

寿命は人それぞれ・・しっかり前を向いて生きなきゃと

いろんな出来事から学ばせてもらってるような気がする。

 

 

 

 

| 人生いろいろ | 16:45 | comments(0) | - |
人生いろいろの一節に

出会いと別れと旅立ちと挑戦と・・・

様々な出来事が心に刻みゆく3月。

思いと涙と笑顔と感謝と寂しさと・・

本来はそんなキュンとなる3月のはずなのに、

悔しく哀しい、誰を怨むこともできない卒業生たち。

コロナの犯した罪は、計り知れないものとなっている。。

昨日コブクロの「卒業」という曲がテレビで流れてきた。

聞き入っているうちに思い出すのは、自分の卒業ではなく、

長男二男の双子たちの初めての卒園式だった。

何もできなかった二人を、ひとつひとつ丁寧に

見守りながら、世話をしてくれた、育ててくれた

保母さんたち。(今は保育士さんと呼ぶのだけど)

歌も歌わなかった。準備体操も突っ立ったまま。

お昼寝のお着かえも、お友達にしてもらい、

はじめは周りの遊んでいる子をじっと見てた。

身体も小さかったので、ついていけないこともあった。

卒園式、歌を歌ってる。名前を呼ばれ大きな声で返事している。

ちゃんと賞状もらいに行ってる。それだけで嬉しかった。

回りの子からしたら、当たり前の事だったことを

あたりまえにしている事に涙があふれ、大泣きしていた。

25年近く前の事。忘れていたこと。

コブクロの曲を聞き、頭の中で甦った。

こんなふとしたことでも心が動く瞬間。

こんな事もあったな〜卒業式出来なかったな〜って

年を重ねたいつの日か、振り返って笑いながら話せる日が

来ることを切に願っています。

 

 

 

| 人生いろいろ | 15:13 | comments(0) | - |
ミクロの出会い

なかなか終止符がみえないコロナウイルスの影。。

経済が上手く回らない状態でいつまで我慢していたら

やっと、これで‥‥☆。という日が来るのか?

まだまだこれから災いの山が来るのか・・?

前が見えないこのご時世、何をしていくべきなのか

考えてしまう今日この頃です。

札幌も終了し、お客さんも売り場に数えれば1人・・

って感じで6日間過ごしました。

百貨店の方や職人さん同士で励ましながら、

ぼやきながら。。

私も閉店になれば、お弁当買ってすぐにホテルの部屋に

帰り、消毒してからホッと一息の毎日。

旨いどころの札幌に来ていながらお店の前を通り過ぎ、

チン!のお弁当で過ごしました。

職人展が好きで、毎年何を買おうかと迷いながら回り、

「今年は舞妓りんにします」と次の日来てくれた女性。

そして社員さんが、母の仏前に葬儀屋さんのりんでは・・

と、いい音色を聞かせてあげたいと買ってくれた。

この、人が来ない厳しくきつい中、本当に嬉しかった。

出会ってくれてありがとうと感謝しかないです。

こんな事態なので、人込みも無く飛行機も30人ほど。

空港もすいているし、コロナも大丈夫かなと思いたい。

今、出来ることを静かにする。終わりを待つ。祈る。

しかできない一人です。

 

| ありがとう | 17:50 | comments(0) | - |
不安な世だからこそ・・札幌へ

あべのハルカス「大京都展」

たくさんの方のご来場ありがとうございました。

3連休でしたが、コロナウイルスもありどうなるのか?

と皆が思っていましたが、休日はたくさんの方が

年に1度の京都展を楽しみに、来てくださいました。

金曜日、深夜放送された福島さんのラジオを聞いて

2組のお客さんも・・。

こんな環境の中、足を運んでくださり本当に感謝です。

ざわざわした中でしたので、1寸8分の舞妓りんの音色が

遠くまでよく響き、ボリュームもあり気に入って頂け、

多くの人の元へ、送り出すことができました。

何とか売り上げもあり、ホッとした次第です。

職人展で見られててとか1週間のうちで戻ってこられたり、

小さなりんを求めホームページで検索されて来られたり

こんな環境の中、有り難く思っています。

末永くご愛用頂ければ嬉しい限りです。

次は7月の夏の職人展です。次の時に・・という方も

居られました。

お待ちしています。

この後、3月2日に搬入があり1日に札幌に飛びます。

たくさんの感染者が・・と報道を見ると怖いばかりですが

引き受けた仕事なので、頑張ってこなければと引き締めた思いで。

百貨店の人出もどうだろうと、不安ばかりですが

札幌の方の癒しになれるよう伝えてきたいと思います。

 

札幌三越 日本の職人「匠の技」展 本館10階催事場

2020/3/3(火)~3/8(日)

10:00〜19:00まで(最終日 17:00閉展)

 

 

 

 

| あなたへの逸品 | 14:26 | comments(0) | - |
「大京都展」阿倍野ハルカスへ

お正月初売りの京王百貨店が終わってから

1か月以上経ったのですが、

あっという間の時間だったような・・。

自分の1年に1度の健康診断と乳がん検診と

母の病院の付き添いや父の病院の送迎など。

香港の百貨店での展示販売も進めることが出来ました。

新たな商品開発もあり、いろんな事が出来た1か月半でした。

19日からあべのハルカスにて「大京都展」が始まります。

久し振りに参加した昨年に続きの催事です。

まだ収拾のつかないコロナウイルスが世界中を

脅かしている中の催事になりそうです。

お買い上げ抽選会や文化セミナー、日替わり和菓子販売など

楽しい事もたくさんあります。

しっかり除菌、手洗いを遂行して、お客さんが来てくれることを

願いながら、売り場でお待ちしています。

 

第31回『大京都展』 (特別企画 雑誌SAVVYおすすめのお店)

2020年2月19日(水)~2月25日(火) 

   10:00〜20:00 (最終日17:00閉展)

 

 

 

 

 

 

| お知らせ・イベント | 17:56 | comments(0) | - |
女性たちの働き方WOMEN SUMMIT

1月31日、月末でりんよ工房の決算日だったけど

新しく移転した京都経済センターで開催された

「WIT KYOTO」

WORK & WOMEN IN INNOVATION SUMMITに

参加した。

〜次世代の「女性活躍」と「働き方』を京都から〜

をテーマにオープニングから京都府知事の挨拶、基調講演として

皇族の彬子女王殿下とアメリカで自力で成功を収めた女性として

選出された久能祐子さんがお話しされた。

その後もグローバルでパワー溢れる女性たちのパネルディスカッション

螢錺魁璽襪らの歩き方や靴選びのレクチャーなど

興味をそそるような、活力が漲るような、

私も頑張らきゃと思えるような5時間を過ごした。

二方屋を始めたころは様々な人たちの話を聞きに行ったり

相談しに行ったり、セミナーや研修に参加したり

いろんな風に当たりながら、自分を高めていった。

たくさんの人たちの考え方に触れる所に歩み寄り

どうして進めていけばいいか、迷ったり立ち止ったら

パワーをもらいながら1歩づつ進んできた。

今回参加したことで、初心に戻れたような

当時どんな風に過ごしてきたか、どういう思いを

持っていたのか改めて思い返せたような気がした。

何もわからない所で頑張っていたなぁ、動いていたな・・

なんて。。

心にスイッチが入り、参加できて良かった。

こんな機会をもっともっと作って頂きたいことを願います。

 

 

 

| チャレンジ!! | 17:40 | comments(0) | - |
心の支えをとり戻せるように

昨年の夏終わったくらいから母の体調がすぐれず

持病の心臓は変わりなく、それでもしんどさが続くので

いろいろな病気やがんの検査をしながら、秋、冬と

過ごしてきた。歯の調子も悪かったので、痩せていき

歯も治療しながら、痔もあったのでこれも。。

もしかして婦人科かもと子宮がんの検査もした。

胆管も水管もMRIで診てもらった。

ひとつひとつ治しながら、身体を整える事が続いた。

ひどい痛みはだんだん引いていき、それでも怠く重いのは

精神的なものかも・・と。確かに毎日顔を突き合わせてる

認知症の父との日々の生活。ストレスも大きい事もある。

先生に進められ初めて精神科を受診した。

2人の先生に順番に話を聞いてもらい、ゆっくり顔を

覗き込むように話を進められる様子はさすがだな、と。

だんだん母のこわばった顔がほどけてくる

急いで何か焦っているように話してたのが

だんだんとゆっくり落ち着いて返事をするようになった。

大事なところが見えてきたような気がした。

心の治療の大事さも納得できたように思った。

また2か月後に様子を見せてくださいと言われ帰った。

少し居座っていた気持ちが動いたのだったらよかったと思う。

手探りだったけど、いろいろ試しながら

楽になれる事見つけて、自分の人生が観れるような

母の手助けが出来ればと思う。

 

| 人生いろいろ | 16:12 | comments(0) | - |
<< | 2/69PAGES | >>