CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
京都伊勢丹、今年も終了です。

多くのお客さんが出入りする京都伊勢丹。

がらんとする時間もありますが、いろんな国から

来店されるところです。

初日は広告の品など求めすごい人でした。

翡翠や真珠、サンゴなどやはり宝飾品は女性のあこがれか

売り場の人も忙しくレジに走っておられました。

目の前を何度も。大口の商品も出たようで

この職人展の目標金額も大幅に超えていく勢いで・・。

私たちの売場は同じようにいつもと変わらりなく淡々と

ゆっくり、じっくり。。

地元なので終わってからの工房galleryの案内も出来、

たくさんの人にチラシやパンフレットを配れたので

後につながればいいな〜と思いながら。。

テレビでのお客さんもこちらに来てくれました。

中国の女の子も次の日戻って来てくれて、よっぽど

欲しかった様子ですがいったん戻り、やはりまたやはり欲しいと

思って来てくれたようです。

旅行で来ていた男性も、祈りのかたちを大事にされている方、

音色がきれい・・など生活に添わせての響きをみつけられて。

ありがとうございました。末永くご愛用ください。

ひとつひとつがそれぞれの持ち主さん支えとなれば嬉しく思います。

 

 

| ありがとう | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都伊勢丹へお越しください。

年に1度の地元の百貨店JR京都伊勢丹の催事が

22日の火曜日から始まります。

22日が祝日になったため急遽7日間催事となり

その日が初日となります。

広告などを見てたくさんの方が来てくれると嬉しいです。

二方屋は創作りん「土星」が外商用として掲載されてます。

たくさんの品を並べますので、様々な音色を聞いて下さい。

閉店時間ぎりぎりまで、人が賑わう駅中の百貨店なので

そして外人さんも多いところなので、しっかり伝えることが

出来るか不安ありですが、頑張ります!

いつも気になっている方、工房までは・・・と二の足ふんで

おられる方などお気軽に雰囲気や音色を聞いて頂ければ

嬉しいです。

お待ちしています。

 

JR京都伊勢丹  10階催事場  

  「日本の職人展」

 令和1年10月22日(火)~28日(月)まで

   10:00〜20:00(最終日18:00終了)

 

| お知らせ・イベント | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
普通の日常を取り戻す難しさ

和歌山に出張中、母が具合悪くなり救急でいった。

和歌山にいるため、すぐ長男と妹が向かってくれた。

夏の終わりころから、なんかしんどい。食べられない。

ということを口にするようになり、和歌山から帰ってから

病院に付き添い、診察を受けたり、近所の医院で

点滴したりするのだけど一向に回復しないし原因がわからない。

持病である心房細動、心房粗動の不整脈も変わりないし、

どうなっているんやろと何か原因は?と病院で問うても

変わりないんだから心臓科の主治医に聞かれても・・・の答え。

消化器内科でも不都合があると、副作用やし心臓科の薬をやめれば

良くなると。でも辞められないやん!となんだかもやもやする

答えしか返ってこなく、付き添った私でもそれがストレスになる。

やっと「1度すべて調べてみましょう」とたどり着いた。

腫瘍マーカーの数値も少し高くなっており、

母も悪性のがんがあるのではと、日に日に弱っていく始末。

胃カメラは問題なく、それでホッとしたのか久しぶりに

ご飯がおいしく感じたと言った。

CT検査と今月の末に造影剤を入れての検査を上半身、

婦人科の方まで見てくれるそうで、それで概ねわかるはず。

何かあれば治療に進むし、なければ少しずつ元の生活に戻れるよう

ストレスを排除しながら暮らしを変えていかなくてはならない。

最近、特に進んでいってる父の認知症。

これが大きな原因になっていることは妹も弟も

うちの子供たちもわかってはいる。

でもどうすればいいのか、なかなか答えが出ない。

いろいろな葛藤を感じて、戦いながら皆、親の介護を

判断していっているのだなと切に感じる、出口がなく

出口を自ら判断し作らなければならない辛くきつい日々です。

 

 

 

 

| こりんの葛藤 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
二男の引越。

和歌山から帰り、また真夏のような強い日差しが続く1日

最後まで自宅から通っていた二男の引越でした。

車で3回のピストン、3階までの階段を上ったり下りたり。

汗が滴る。。クーラーが1台設置されていたので助かった。

ふらふら、くらくらの倒れそうになりながら。

掃除して、何となく片付いたら、買い出しに行って

そして我が家に戻り、ご飯食べたらマンションへ

帰って行った・・・。

大学中退して、バイト掛け持ちと深夜の居酒屋で8年。

身体壊すかもと心配していたら、辞めて専門学校に行くと

言い、2年間通い、動物の看護師になった。

やっと本職に付き、忙しいけど楽しそうだった。

そして病院の近くに住まいを移し、出て行った。

帰り際見送った後、私の人生の1つの区切を感じた。

結婚して出ていくわけではないけど、若いことも無いけど

長い事いっしょに住んできた最後の息子が出て、これで・・

と思うと少しセンチになった。寂しいな〜って。

もう子供たちと一緒に暮らすことないんだ・・・って。

3人三様、それぞれの住まいを持ち、毎日暮らしてる。

元気で頑張ってくれればそれでいいな・・・

この先も普通に幸せになってくれればいいなと思ってます。

 

| 人生いろいろ | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
究極の癒しをめざしていく

週末の連休、台風が直撃!の予報でどうなるかと

思っていましたが特に影響はなく和歌山で7日間

過ごしていました。

夜中の風は強く、ホテルの屋根飛ばないやろか・・?

と何度も夜中に窓から眺め心配していたけど

和歌山の台風の風はこんなの序の口だそう。

最近はどこへ行っても厳しくて、その中で広告を見て

そして京都知新の放送で知ってと買いに来てくれた方が

おられました。

2時半にはすでに人は少なく寂しい売り場で。。

ただ年に1回の和歌山での催事なので楽しみに来るお客さんや

お得意さんを持っておられるお店はいいのですが

毎回新規さんで、新たにおりんに興味のある方を発掘していくのは

ほんとに厳しい売り場です。

まだまだ知ってもらえる機会を作ることが先行で

お話しすることが大事なので、しっかり伝えていくことは

忘れず、心折れずにやっていきたいと思います。

今年もあと京都の伊勢丹、12月の大阪の阿倍野ハルカスで終えます。

京都のしょうざんの敷地に今年オープンのアマン京都さんの

スパで京の音シリーズの小さなおりんを置いてもらえることに

なりました。気持ちよくマッサージを受けリラクゼーションした後

おりんの音色を・・極楽浄土のような癒しの世界まちがいなし!

いろいろなお声を頂ければまたお伝えしますね。

たくさんの人のツボにはまるような唯一無二の響きを

目指したいと思います。

 

 

 

 

 

| こりんの葛藤 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
空の様子を見ながら和歌山へ

お天気になれば真夏日だし、暮れると肌寒く、

夕方は空が真っ暗になり、雨が強く降り出す。

台風も次から次へとやってきて油断できない空です。

明後日から和歌山に向かいます。

初回から数えるともう6回目。

呼ばれなくなったり、売れなくて行けなくなったり

飛び飛びでも、続いているご縁のある地域です。

一人一人来てくださった方に、おりんの話をする

音色を聞いてもらう。やることは一つです。

たくさんの方に響くようにと思いながら願いながら

売れ場でお待ちしています。

ぜひ生の音聞いて下さい。

 

近鉄百貨店和歌山店 5階催事場

 「匠の技 日本の職人展」

  9月18日(水)〜24日(火)10:00~19:00

            (最終日16:00まで)

 

 

| お知らせ・イベント | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
厳しい時間と暖かく繋がるご縁

高松三越無事終え帰って来ました。

昨年は初日が台風で閉館。5日間の戦いでした。

今年は来るかな?といいつつも天気は安定し

暑いぐらいの毎日で・・・しかし年々寂しくなっていく催事場。

もっと賑やかで華やかさのあった売り場じゃなかったかな?

と、周りの職人さんたちと話しながらの6日間でした。

人がほんとに少なく、今年は生ラジオもなく

じっとお客さんが来ることを待っている時間。

ホテルに帰って、お弁当を食べること楽しみな毎日。

搬入前には栗林公園が電車一駅向こうだったので

行ってきました。

見事な松の木が多種あり、蓮や桜の時期じゃなかったけど

緑の濃淡や手入れがされていて、ほんとにきれいで、

池が静かで、それを眺め、座っている時間が癒された。

あいにくの雨でしたが・・・。

少ないお客さんの中、すごく気に入ってくださり

購入してくれた女性やご夫妻。

ありがとうございました。

「また来るわ〜」と言って去られても、

必ず戻って来てくださるのが暖かい高松のお人柄。

優しい気持ちにしてくれます。

お世話になりました。

 

| ありがとう | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
光を求めて歩んでく

夫の両親も私の両親も4人とも健在です。

健在といっても、夫の母は食事や気温など整えられた

施設で過ごしています。

しかし認知症は進み私の事はもちろん、自分の息子の事も

分からなくなってて、唯一旦那さんである義父の事だけ

把握しているという状態です。

辺鄙な場所にあるのですがその施設に毎日暑い日も

寒い日も雨の日も、行ける限り通っている義父です。

通うのも運動にもなるしと言い、毎日の日常の事も

こなしてくれている父なので高齢でもしっかり歩くし

背中もシャキ!としてるしおしゃべりも大好きで

頭もしっかり会話もg00な93歳です。

その父が小さな末期がんを作り、手術を決意。

心臓に持病を持っているため、全身麻酔になり

癌切除よりそれが耐えられるかの方がとの説明でしたが

今どきの最新医療と麻酔科の先生の細やかな処置で

昨日、何事もなく無事、手術を終えました。

病室に戻ったらもう麻酔は切れていて、

「どこや?もう病室戻ったんか?楽やったわ〜」と。

やれやれ一安心です。柔らかい顔してウトウトしていました。

93歳のチャレンジだったのですが、前を向く姿や

まだまだ生きるぞと迷いのない自然な生き様は、

本当に見習うことが多々あります。

母を残して逝けないとか、わしが面倒見なければ・・とか

そんな思いも伝わります。

私が二方屋を立ち上げたぐらいから、地方に出向いてる事や

代々続いたおりんを必死に守ろうとしていることに

感銘してくれ、手を煩わせない様にと生活してくれた。

息子も給料はもらえなくても、毎日おりんを作り

いろいろな面からのアピールをし、この伝統が

途切れないよう守ろうとしている。

目には見えないけど、そんな支え合っている気持ちが

あっての、二方屋のおりんなのかなと感じます。

今1番きつい時期だけど、絶対に絶やしてはならないと

それぞれが心に秘めながら紡いでいます。

 

 

 

 

 

| こりんの葛藤 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
積み重なる老いと疲れ

お盆休みも終わり、しかしまだまだ暑さは続き、

また今日も一時的なアスファルトを蹴り返すような、

滝の様な豪雨が襲い、郵便局や宅急便、銀行と立ち寄り

寸前の所でずぶ濡れにならずセーフ・・でした。

あっという間に8月もあと少し。

続く9月の催事に切り替え、媒体品やとっておきの品など

確認しながらの準備段階に入る。

バスの手配や宿泊なども、ちゃんと取れているか

さらに乗り場や時間の確認など・・。

最近、目が白く曇り見えにくくなり、眼科へ。

網膜剥離など目の病気の疑いもあるという事で

13日検査に行った。結果は飛蚊症の一種で

病気の前兆ではなく老化から来るもので

目がかすんで見にくいのは、治らないし

治療もない、このままです。。と言われた。

なんだかね・・。病気ではなかったし良いのだけど

でも治らない事も結構ショックで複雑な思いです。

かなりうっとうしく、かすんでいるので。

最近足の曲げ伸ばしが痛かったり、手がむくんで

動かしにくくなったり、すぐ起き上がれなかったり

疲れたり、肩こりが辛くなったり、

筋肉痛がなかなか治らなかったり、

聞こえにくくテレビの音量が1つ増えたり

年を感じる事が多々あり、気が滅入ります。

今まで感じなかった体の悲鳴や苦痛をずっと背負っている

気がします。これを更年期?って言うのかな?

すっきり体も心も晴れる日が来たらいいな〜と願いながら

毎日過ごしている今日この頃です。

 

| 人生いろいろ | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
バケモノにやられる・・・

11日のカンカン照りの中、お墓参りに。

今年は台風の影響か、猛暑か例年に比べ

お墓参りの人もひっそりと少なかったように思えた。

お盆には跳ね上がる料金の祇園のお墓の周りの駐車場も

いつもは満車でも今年は全然停まっていなくて。。

真夏の猛暑のお墓詣りに命の危機を察したのか・・・。

ほんとに河原町から四条通りを東に祇園までも汗だくで

それからお墓に向かい登って行くのですが、

休憩をはさまなければ、山に上がる決意が

出来ないというか、そこまででも結構きつくいて。

日陰はましだけど山はずっと日向で、そこを登る脅威を

感じるながらの1歩1歩だった。

来年はお彼岸にしなければと体力も気力も限界だった。

ご先祖さんも、許してくれるだろう・・。

14日まで工房は動いています。

15日から18日までお盆休みに入ります。

工房galleryもお休みしています。

ゆっくりを進む台風も15日あたり関西を直撃しそうです。

帰省されている方、お出かけを予定している方

情報を確認しながらどうぞお気をつけてお過ごしください。

残暑もまだまだ続きそうです。

いっしょに元気に乗り越えましょう。

 

 

| 人生いろいろ | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/67PAGES | >>