CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ミクロの出会い | main | コロナの目に見えない恐怖 >>
人生いろいろの一節に

出会いと別れと旅立ちと挑戦と・・・

様々な出来事が心に刻みゆく3月。

思いと涙と笑顔と感謝と寂しさと・・

本来はそんなキュンとなる3月のはずなのに、

悔しく哀しい、誰を怨むこともできない卒業生たち。

コロナの犯した罪は、計り知れないものとなっている。。

昨日コブクロの「卒業」という曲がテレビで流れてきた。

聞き入っているうちに思い出すのは、自分の卒業ではなく、

長男二男の双子たちの初めての卒園式だった。

何もできなかった二人を、ひとつひとつ丁寧に

見守りながら、世話をしてくれた、育ててくれた

保母さんたち。(今は保育士さんと呼ぶのだけど)

歌も歌わなかった。準備体操も突っ立ったまま。

お昼寝のお着かえも、お友達にしてもらい、

はじめは周りの遊んでいる子をじっと見てた。

身体も小さかったので、ついていけないこともあった。

卒園式、歌を歌ってる。名前を呼ばれ大きな声で返事している。

ちゃんと賞状もらいに行ってる。それだけで嬉しかった。

回りの子からしたら、当たり前の事だったことを

あたりまえにしている事に涙があふれ、大泣きしていた。

25年近く前の事。忘れていたこと。

コブクロの曲を聞き、頭の中で甦った。

こんなふとしたことでも心が動く瞬間。

こんな事もあったな〜卒業式出来なかったな〜って

年を重ねたいつの日か、振り返って笑いながら話せる日が

来ることを切に願っています。

 

 

 

| 人生いろいろ | 15:13 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:13 | - | - |
コメント
コメントする