CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 次の地は『長崎』 | main | 梅雨?夏?不安定な6月の空 >>
長崎で思ったこと・感じたこと。

福岡、熊本と続き九州地区3都市目の長崎。

2ヵ所とはまた違った雰囲気漂う街でした。

フラッと歩けば港にあたり、平和公園があるしか

電車通りでも鳩が集まり、普通に歩いて角を曲がれば

すごい登り坂や下り坂が目の前に現れる。
他の都市ではない光景だった。

時間がなかったがもっとよく知れば面白い町だと思う。

それでも百貨店では話はすごく聞いてもらえるのだが

初めて知って見た小さなりん。

驚きやどうするものなの?ってばかりで

売り上げ0の日が続いた・・。

金曜日にテレビの生放送に長崎初出展なので中継に

出演させてもらった。そのテレビを見て、

足を運んで頂き、音色を選び持って帰られた。

最終日には何組か戻ってこられたお客さんも。

長崎にも舞妓りんや二方屋のおりんを

大事に使って下さる人がいてくれること嬉しく思います。

ありがとうございました。

そして最終日の搬出2時間前に、広告のおりんは?と

外商さんが来てお客さんに連絡取り、お取り置きに。

音色も聞いてもらえてなく鳴らし方や説明もしてないので

不安もありましたが、きっと代々伝わるお仏壇のおりんとして

使って下さり、気に入ってくださるだろうと願ってます。

初の地でホテルから百貨店まで毎日坂を越え片道25分歩き、

道も京都の碁盤の目ではないのはわかっていたのですが

反対方向に曲がってしまい開店に間に合うだろうかと

汗だくだくで、飛び込んだり、いろいろひやひやしたことも

ありましたが、無事終えることが出来、ホッとしています。

お世話になりました。長崎の皆様ありがとうございました。

 

| あなたへの逸品 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://futakataya.jugem.jp/trackback/652
トラックバック