CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 「京都知新」見て頂きありがとうございます | main | 苦手と触れあいと穏やかな時間 >>
東京町屋でのイベントを終え・・

夏日のように暑かったり、急激に冷え込み雪が・・

という日もあったり、お天気や気候に振り回された

東京町屋の響展でした。

それまではほんとに知らなく、足を踏み入れたことも無い

場所『町屋』です。

泊まっていたホテルも大手町と神田の間。

大手町で降りるのと神田で降りるのと隣りあわせでも

全く表情の違う、行きかう人々の雰囲気も違ってた。

東京っておもしろいなーと思った。

大手町は見上げれば高層ビルや渡れないので地下街ぐるぐる、

しばらくは迷わずすんなりとホテルに帰れなかった。

ギャラリ−のある場所は、下町でほんわかした暖かく

ゆるーい空気の流れる場所。

いつもは毎朝戦場に行くような気持ちで出発するのだが

駅からお散歩しながら,お昼の弁当やパン、飲み物買ってなど

こんな時間が流れた。どうしたらいいのかと焦るも

なかなか人が来ないので、どうしようもなく、

7日間が終わった。

これでは二方屋も、ギャラリーサイドもだめやし

もう1度やるなら、本当に真剣に企画を練らなければ

いけないと思った。

簡単ではないな…と思う。

一緒に売り場に立って、いろいろ気を使っていただき、

おしゃべりしながらの時間楽しかったです。

本当にお世話になりました。

またこの場に戻れる力を付け、パワーをたくさん秘めて

大きくならなければ・・と感じております。

 

 

 

 

| こりんの葛藤 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://futakataya.jugem.jp/trackback/647
トラックバック