CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 色々考えるのはやめにした! | main | パリ展示会でのおりんたち >>
すべてが強く揺れ動く恐怖
そろそろくるで…次は真ん中の近畿地方や・・・など

言われていたりもしたけど、実際来ることなど考えてなかった。

朝の月曜日の通勤時間に合わせ襲ってきた大阪北部地震。

自宅で揺れに襲われ、細い柱で出来ている田舎の自宅、

「潰れる!!」ってほんとに思った。上下に横に訳わからなく

家の中を、あっちこっちウロウロしながら、揺れが止むのを待った。

地震が治まることはあるのだろうかと思ったくらい長く感じた。

三男は震源地の高槻だったので、すぐ携帯で電話したがつながらなかった。

余震が来るたび、このまま治まるか、強くなるか分からないので

身体を丸め、待つしかなく。。

この恐怖は、ほんとに味合わなければ、分からないと思った。

いつもテレビの中の表現でうなずくだけ。もっともっと被害が大きい

熊本や三陸沖地震の時も大変さ悲惨さは伝わっても、

直面した人たちの毎日毎日の恐怖はわかってなかったんだなと思う。

被害に合われた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

何にも出来なくて・・、いつもこの気持ちでいっぱいになる。


| 人生いろいろ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://futakataya.jugem.jp/trackback/605
トラックバック