CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 普段見れない、はにかんだ二人 | main | 仕事とのバランスとこれからの事 >>
静かな日常に思うこと
5月には札幌そして名古屋と新しい場所での展示会や催事が

詰まっているのですが4月は事務所に座っていることが多く

事務仕事をしています。

でも確定申告は済んだし、工房の年度末の決算も終わり

忙しい時にはあれもこれも入ってきてすることが重なりパニックになるけど

淡々とこなす時は何からしていいかわからなくなる。

3月にたくさん入ってきた催事の段取りと飛行機は取ったけど

その前後の行き方、乗り方、バス?地下鉄?早さや楽さ、

そして金額などゆっくり探りながら、決めようと思います。

私生活では、急に進んできた父親の認知症、いろいろなケアの方法を

調べながら相談しながら、どのようなやり方があり父親にあうのか

出来るだけ長く今の状態を保ちたいと願いながら・・。

夫の両親ももう93歳と88歳。どうしたら1番いいのか考えてしまいます。

出来るだけ思いを添いながら・・と思うのですが

してあげられない事もあり、このままではだめなこともあり。

葛藤しながら、その時その時の決断をしながら、介護という

終わりの分からない長い時間を過ごし見送るんだなって思う。

いつも「これでよかったんだろうか・・」って・・・・・

やっと今までの先輩たちの言葉が心に響いてきたかもしれない。

| 人生いろいろ | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:13 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://futakataya.jugem.jp/trackback/598
トラックバック