CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 新しい風をもっておなじみの場所へ | main | 1年ぶりの地元京都で >>
少ない人の中での自分に出来る事
1週間のうちあれだけ雨にやられる事

今まであっただろうか・・?と強く思うほど

毎日が雨の連続で、お客さんが足を運ばれるのに

良いのか悪いのかとみんなと口々につぶやく毎日。

高齢者がたくさん通ってもらえる伝統ある職人展をもつ上本町。

人が少ないのは覚悟していた。それよりこのやんわりとした空気感や

職人さんたちの距離感や暖かい会話。お客さんもよくご存じだからこそ

足が悪くても、杖をついても職人さんとお話しできるここに来られる。

しかし急激に下降する全体の売り上げを止めることはできない。

これからどうなるのか正念場・・という空気も最終日感じた。

20回参加しているこの百貨店の「職人の技展」。

1回出たらすぐ次回は消えてる職人さんもたくさんいる。

本当に売り上げが少ない時も耐えてずっと出続けていた。

催事の親睦会の会長さんや幹事さんらもじっと見守ってくれていて、

今回「あの時出展することを辞めずに出ていたことが

今につながっているんやね。良く頑張ったね」と声を掛けてくれた。

10年以上見てもらっていたことも嬉しいし、

良き理解者としてまわりにいてくれていることも暖かい。

終わりなのか、もう少しなのか私にはわからないけど、

声を掛けてもらえたら一生懸命頑張る場所だと思ってます。

1週間お世話になりました。またお会いしましょう。





| ありがとう | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://futakataya.jugem.jp/trackback/579
トラックバック