CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 売り場と長い長い夜と・・ | main | 2009年後半戦!! >>
これからの輝く残りの人生に
北白川のある眼科で今からレーシックと言うレーザー屈折矯正手術を 受けます。 自分で決心したもののやっぱ、かなりびびっています。
いろいろ問い合わせたわかったのが、年齢的にも最後のチャンスと言うこと。
そして以前から興味があり、やりたいな〜くらいは思っていたこと。
この春コンタクトレンズを片眼落とし、もう片眼も傷だらけで
『次回は買い換えてくださいよ』と言われてたこと。
やるかやらないか決断のときだったように思う。
地元では年齢超過で断られて、探して市内でいいところを教えてもらった。
でも、地元の倍くらいの金額で一時は相当迷ったが、
やる!か、やらない!の選択でやってみようと決めた。
今のままでもコンタクトやめがねを着ければ十分見えるのに
実行することにも不安もいっぱいだった。
1番この不安を消すのは未来への希望、いろんな楽しみ、これからの人生。
そんなことがいっぱい描かれるから、「このままでもいいやん」から
立ち上がれれると思う。
 40歳過ぎてもいっぱい夢がある。
やりたいこと、やってみたいこと、見えるようになれば ウキウキするようなことがたくさん巡る。 そんなことを想像して手術を乗り越えようと思う。
たぶん私は自分のわがままでするのだけど、
本当に病気で手術を受けなければ悪くなる状態の人たちは
すごく不安に包まれるのだろうけど、
そんな明るい希望や未来を描きながら向かうのだろう。
いざ、手術室へ・・・・。
きっと勝てる!!と信じて。。  平成21年6月19日PM12:00
そうなのです。 眼の手術を受けました。 同じ日にした人たちより、痛みがきつく回復が長引いたのですが どうにか復活しました。 心配おかけした方たち、心より感謝です。 これは手術前に手帳に綴った心の声でした。
| 人生いろいろ | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック