CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
コロナの目に見えない恐怖

子供の頃から土曜の8時にはテレビの前にくぎ付け。

ザ・ドリフターズの「8時だよ!全員集合」が始まる。

ほんとにお笑い芸人などの言葉もない時から、

ただおもしろいから笑えるから、家族いっしょに見ていた。

新型コロナウイルスに感染しわずか6日でこの世を去った

志村けん。。笑いにかけてはとても計り知れないくらい

大きな存在だった人。たくさんの人から愛されていたんだと

テレビの追悼を見れば伝わってくる。

改めてコロナの恐ろしさを最後に世界中の人に伝えて

去ったように思えた。

憎まれし、恐るべきウイルス・・・。

3月31日義理の父が昨年夏に引き続き、泌尿器科の手術をした。

夏以降すこぶる元気だったけど、やはりコロナの影響で母の施設が

出入り禁止見舞い禁止となり、朝早くから毎日足を運ぶのが

日課となっていた生活がリズムを壊し体に異変を期した。

膀胱も尿道も腎臓も腫れ、手足もパンパンに浮腫み、

原因がわからない。結局手術をしてもがんは無さそうで

なんで腫れているかわからないという事だった。

2時間半の手術を終え麻酔も少しずつきれて、だんだんはっきり

してきて、言葉も頭のしっかりもすぐ戻りその速さにびっくりで。

2日前に大腸カメラをし、こんな痛くて気持ち悪いのは

93年生きてて1番だったと言っていた。

長く生きていれば、いい事ばかりだったらいいけど

嫌なことも幸せなことも痛い事も様々な事を体験する。

それでもまた元の生活に戻り、暮らしていくと当たり前に

思ってそれを実行している父には頭が下がる思いです。

寿命は人それぞれ・・しっかり前を向いて生きなきゃと

いろんな出来事から学ばせてもらってるような気がする。

 

 

 

 

| 人生いろいろ | 16:45 | comments(0) | - |
人生いろいろの一節に

出会いと別れと旅立ちと挑戦と・・・

様々な出来事が心に刻みゆく3月。

思いと涙と笑顔と感謝と寂しさと・・

本来はそんなキュンとなる3月のはずなのに、

悔しく哀しい、誰を怨むこともできない卒業生たち。

コロナの犯した罪は、計り知れないものとなっている。。

昨日コブクロの「卒業」という曲がテレビで流れてきた。

聞き入っているうちに思い出すのは、自分の卒業ではなく、

長男二男の双子たちの初めての卒園式だった。

何もできなかった二人を、ひとつひとつ丁寧に

見守りながら、世話をしてくれた、育ててくれた

保母さんたち。(今は保育士さんと呼ぶのだけど)

歌も歌わなかった。準備体操も突っ立ったまま。

お昼寝のお着かえも、お友達にしてもらい、

はじめは周りの遊んでいる子をじっと見てた。

身体も小さかったので、ついていけないこともあった。

卒園式、歌を歌ってる。名前を呼ばれ大きな声で返事している。

ちゃんと賞状もらいに行ってる。それだけで嬉しかった。

回りの子からしたら、当たり前の事だったことを

あたりまえにしている事に涙があふれ、大泣きしていた。

25年近く前の事。忘れていたこと。

コブクロの曲を聞き、頭の中で甦った。

こんなふとしたことでも心が動く瞬間。

こんな事もあったな〜卒業式出来なかったな〜って

年を重ねたいつの日か、振り返って笑いながら話せる日が

来ることを切に願っています。

 

 

 

| 人生いろいろ | 15:13 | comments(0) | - |
心の支えをとり戻せるように

昨年の夏終わったくらいから母の体調がすぐれず

持病の心臓は変わりなく、それでもしんどさが続くので

いろいろな病気やがんの検査をしながら、秋、冬と

過ごしてきた。歯の調子も悪かったので、痩せていき

歯も治療しながら、痔もあったのでこれも。。

もしかして婦人科かもと子宮がんの検査もした。

胆管も水管もMRIで診てもらった。

ひとつひとつ治しながら、身体を整える事が続いた。

ひどい痛みはだんだん引いていき、それでも怠く重いのは

精神的なものかも・・と。確かに毎日顔を突き合わせてる

認知症の父との日々の生活。ストレスも大きい事もある。

先生に進められ初めて精神科を受診した。

2人の先生に順番に話を聞いてもらい、ゆっくり顔を

覗き込むように話を進められる様子はさすがだな、と。

だんだん母のこわばった顔がほどけてくる

急いで何か焦っているように話してたのが

だんだんとゆっくり落ち着いて返事をするようになった。

大事なところが見えてきたような気がした。

心の治療の大事さも納得できたように思った。

また2か月後に様子を見せてくださいと言われ帰った。

少し居座っていた気持ちが動いたのだったらよかったと思う。

手探りだったけど、いろいろ試しながら

楽になれる事見つけて、自分の人生が観れるような

母の手助けが出来ればと思う。

 

| 人生いろいろ | 16:12 | comments(0) | - |
笑顔になるということ

8,9日は年に1度温泉が好きだったおじいちゃんを

温泉旅行に連れて行ってあげよう企画でした。

昨年夏終わりから、体調がすぐれなかった母なので

温泉どころではなく、1度キャンセルして・・と

言っていたのですが、父があまりにも楽しみにしていたのと

ほぼ毎日母の府立病院やかかりつけのお医者さん、外科の医院、

歯医者さんと付き添いしていたのでストレスも溜まりだし、

息子がおじいちゃんだけでも自分らで連れて行ってあげよと言った。

温泉はどうしても男手が必要なので、嬉しかった。

それはそれでまた一悶着もふた悶着もありつつ、

結局母も、一人で待っているのも不安だし、近いので

行くことになり、車2台の10人の団体旅となった。

母はしんどそうな時もあったけど割と元気で、父は何回も

「わしは幸せや〜。楽しかった☆」と嬉しそうな顔を見ると

来て良かったなぁと思う。

息子たちもしっかりフォローしてくれ、温泉も夕朝と入り

ふだんより表情もしっかりして、覚えていることも増え、

認知も戻ったのかと思うほどの時もあった。

母も帰ったらまた疲れて、しんどくなるかもしれないけど

そんな波を乗り越えながら、楽しみを作って

この先も生きていってもらえれば・・と思った。

これからも増々いろんな大変な事ばかりだけど、

ひとつひとつ、考えながら出来ることをしながら

無理なく日々過ごしていければ、と思う。

 

 

 

 

 

 

| 人生いろいろ | 13:24 | comments(0) | - |
我が家に子犬が来た!

田舎に住んでいながら、動物を飼う環境が

すごく整っている中、断固として犬や猫を飼わずに過ごした。

そして30年経って、初めて我が家に子犬がやってきた。

動物病院で働いている次男がマンションに引越し

とうとう念願のペットを購入したのだ。

私もこの年まで、小さい頃のトラウマで小型であれ、

動物というものを避けて生きてきた。

可愛いのは可愛いな‥と思うけどそれだけだった。

初めて連れてきた二男の子犬。まだ小さくて

飼ってまだ3日で、落ち着かないのかあまり寝ないらしく

食べる量も普通より少なく・・と二男も心配しながら

しっかり親しながら小さな子犬と関わっている。

家の中を走り回りながら、不思議そうに、初めての場で

落ち着かず、じっとこちらを見ているようで・・。

見つめているだけでほんとに可愛くって、

愛おしいって感情がこみ上げてくる。

こんな感情が自分にあるなんて今まで思ってもみなかった。

見てるだけで癒され、ほんと可愛い。

ペットを愛してやまない人たちの気持ちが、初めてわかった。

飼うって事や犬の知識はほんとにないし、

どうしていいかわからないし戸惑っているけど、

距離を縮めて、また会いたいなって思う。

 

| 人生いろいろ | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
工房の改装から始まった2019が終わる。

早いもので12月です。

あっという間に1年が終わり、悲しいよな寂しいよな・・。

この1年も残り1つの催事を残し、すべて病気になることなく

ドタキャンする事態になることなく、終えられたこと

安堵の気持ちです。

1月の寒い中の工房の改装から、幕開けした2019年。

3月に工房galleryオープンし、テレビの放映もあったので

遠方からでも足を運んでくださいました。

何回も訪れ、時間をかけ、自分だけの響きを見つけられたこと

その様子を感じることが出来、ゆっくり選べるスペースを

持てたことを嬉しく思います。

来年もたくさんの方が訪れてもらえる場所になればいいな。。

カードの問題や、日曜日の定休日の問題など

ご迷惑やお手数お掛けすることも多々ありますが、

改善できることは、出来るだけ進めていければと思っています。

12月11日から17日まで阿倍野ハルカス近鉄本店の日本の職人展

開催されます。(10時から20時まで・最終日17日は17時閉店)

そして大晦日31日には東京の京王百貨店の職人展の搬入が

あります。今年最後のお仕事です。

来年初春2日からの売り出しです。

ゆっくり正月休みがない2020年の幕開けですが、

気持引き締めて臨みます。

体調整え、ラストスパート頑張りましょう。

 

| 人生いろいろ | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご先祖さまから子孫への架け橋

今日、令和元年度京都府伝統産業優秀技術者表彰式が

あり親分の受彰式に行ってきました。

京都府公館レセプションホールでの式典。

もちろん初めて入り、こんな街中に厳かな、そして

お庭の大きな、きれいな場所があるんだな・・って、

京都府やそれぞれの組合の来賓の方もたくさん来られており

少しピリッとした、現場の空気でした。

表彰式が終わって、記念集合写真が撮られ、解散。

こういう場は慣れないのですが、緊張感が少し楽しめた。

先祖の方が代々受け継いでこられた技術を、

このような形で認めてもらい、未来につながるように

残そうとまた切磋琢磨する。努力する。

その積み重ねのような気がする。

ご先祖様も喜んでくれているだろうか?

ますます継続することが、大変になってくる時代に

子孫に少しでも足跡が残せれば、

こんな風に先祖の一人として繋ぐことの大切さが

沁みてくるのかな〜。

もうこの世にはいないので、分からないだろうけど

(^−^;)

 

| 人生いろいろ | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
二男の引越。

和歌山から帰り、また真夏のような強い日差しが続く1日

最後まで自宅から通っていた二男の引越でした。

車で3回のピストン、3階までの階段を上ったり下りたり。

汗が滴る。。クーラーが1台設置されていたので助かった。

ふらふら、くらくらの倒れそうになりながら。

掃除して、何となく片付いたら、買い出しに行って

そして我が家に戻り、ご飯食べたらマンションへ

帰って行った・・・。

大学中退して、バイト掛け持ちと深夜の居酒屋で8年。

身体壊すかもと心配していたら、辞めて専門学校に行くと

言い、2年間通い、動物の看護師になった。

やっと本職に付き、忙しいけど楽しそうだった。

そして病院の近くに住まいを移し、出て行った。

帰り際見送った後、私の人生の1つの区切を感じた。

結婚して出ていくわけではないけど、若いことも無いけど

長い事いっしょに住んできた最後の息子が出て、これで・・

と思うと少しセンチになった。寂しいな〜って。

もう子供たちと一緒に暮らすことないんだ・・・って。

3人三様、それぞれの住まいを持ち、毎日暮らしてる。

元気で頑張ってくれればそれでいいな・・・

この先も普通に幸せになってくれればいいなと思ってます。

 

| 人生いろいろ | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
積み重なる老いと疲れ

お盆休みも終わり、しかしまだまだ暑さは続き、

また今日も一時的なアスファルトを蹴り返すような、

滝の様な豪雨が襲い、郵便局や宅急便、銀行と立ち寄り

寸前の所でずぶ濡れにならずセーフ・・でした。

あっという間に8月もあと少し。

続く9月の催事に切り替え、媒体品やとっておきの品など

確認しながらの準備段階に入る。

バスの手配や宿泊なども、ちゃんと取れているか

さらに乗り場や時間の確認など・・。

最近、目が白く曇り見えにくくなり、眼科へ。

網膜剥離など目の病気の疑いもあるという事で

13日検査に行った。結果は飛蚊症の一種で

病気の前兆ではなく老化から来るもので

目がかすんで見にくいのは、治らないし

治療もない、このままです。。と言われた。

なんだかね・・。病気ではなかったし良いのだけど

でも治らない事も結構ショックで複雑な思いです。

かなりうっとうしく、かすんでいるので。

最近足の曲げ伸ばしが痛かったり、手がむくんで

動かしにくくなったり、すぐ起き上がれなかったり

疲れたり、肩こりが辛くなったり、

筋肉痛がなかなか治らなかったり、

聞こえにくくテレビの音量が1つ増えたり

年を感じる事が多々あり、気が滅入ります。

今まで感じなかった体の悲鳴や苦痛をずっと背負っている

気がします。これを更年期?って言うのかな?

すっきり体も心も晴れる日が来たらいいな〜と願いながら

毎日過ごしている今日この頃です。

 

| 人生いろいろ | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
バケモノにやられる・・・

11日のカンカン照りの中、お墓参りに。

今年は台風の影響か、猛暑か例年に比べ

お墓参りの人もひっそりと少なかったように思えた。

お盆には跳ね上がる料金の祇園のお墓の周りの駐車場も

いつもは満車でも今年は全然停まっていなくて。。

真夏の猛暑のお墓詣りに命の危機を察したのか・・・。

ほんとに河原町から四条通りを東に祇園までも汗だくで

それからお墓に向かい登って行くのですが、

休憩をはさまなければ、山に上がる決意が

出来ないというか、そこまででも結構きつくいて。

日陰はましだけど山はずっと日向で、そこを登る脅威を

感じるながらの1歩1歩だった。

来年はお彼岸にしなければと体力も気力も限界だった。

ご先祖さんも、許してくれるだろう・・。

14日まで工房は動いています。

15日から18日までお盆休みに入ります。

工房galleryもお休みしています。

ゆっくりを進む台風も15日あたり関西を直撃しそうです。

帰省されている方、お出かけを予定している方

情報を確認しながらどうぞお気をつけてお過ごしください。

残暑もまだまだ続きそうです。

いっしょに元気に乗り越えましょう。

 

 

| 人生いろいろ | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/18PAGES | >>