CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
梅雨?夏?不安定な6月の空

真夏の気温から一転してまた寒くなったり、

雨が続き、梅雨に入るのかなと思ったらまた夏日のように

蒸し暑い日がやってきます。かと思ったら突然の雨。

長い長崎の遠征から帰り、次は徳島の住職さんから

お話を頂いているお寺さんの集まりでの出展。

また普段と違うものを集め、作り、荷物づくりです。

同時に阿倍野ハルカスの荷物も送付もなので

被ることが出来ず、新たにいろいろ考えながら・・。

長男が手掛けている今年の星のやさんでの風鈴イベントの

準備もどうにか間に合ったようで、今年は風鈴も

お求め出来るように4種のものを手掛けました。

京都の嵐山奥座敷星のやさんに宿泊の方はぜひ

音色を聞いて頂ければと思います。

そしてお家の軒下に吊って、たまに響く静かな音色を

お楽しみくだされば嬉しく思います。

気温差の激しい毎日ですが体調に気を付けて

水分しっかり取り、乗り越えていきましょう。

 

 

 

| お知らせ・イベント | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
長崎で思ったこと・感じたこと。

福岡、熊本と続き九州地区3都市目の長崎。

2ヵ所とはまた違った雰囲気漂う街でした。

フラッと歩けば港にあたり、平和公園があるしか

電車通りでも鳩が集まり、普通に歩いて角を曲がれば

すごい登り坂や下り坂が目の前に現れる。
他の都市ではない光景だった。

時間がなかったがもっとよく知れば面白い町だと思う。

それでも百貨店では話はすごく聞いてもらえるのだが

初めて知って見た小さなりん。

驚きやどうするものなの?ってばかりで

売り上げ0の日が続いた・・。

金曜日にテレビの生放送に長崎初出展なので中継に

出演させてもらった。そのテレビを見て、

足を運んで頂き、音色を選び持って帰られた。

最終日には何組か戻ってこられたお客さんも。

長崎にも舞妓りんや二方屋のおりんを

大事に使って下さる人がいてくれること嬉しく思います。

ありがとうございました。

そして最終日の搬出2時間前に、広告のおりんは?と

外商さんが来てお客さんに連絡取り、お取り置きに。

音色も聞いてもらえてなく鳴らし方や説明もしてないので

不安もありましたが、きっと代々伝わるお仏壇のおりんとして

使って下さり、気に入ってくださるだろうと願ってます。

初の地でホテルから百貨店まで毎日坂を越え片道25分歩き、

道も京都の碁盤の目ではないのはわかっていたのですが

反対方向に曲がってしまい開店に間に合うだろうかと

汗だくだくで、飛び込んだり、いろいろひやひやしたことも

ありましたが、無事終えることが出来、ホッとしています。

お世話になりました。長崎の皆様ありがとうございました。

 

| あなたへの逸品 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
次の地は『長崎』

屋久島や関東を襲う豪雨。

いくら気を付けても自然には逆らえない。

今朝、京都にも震度3の地震があり、久しぶりに

怖い思いをした。大きな凶器となる自然災害に

人間って手も足も出ない。おびえるばかりです。

27日から長崎の浜屋さんの売り出しのため飛びます。

決まってすぐ予約したので、航空券も安く取れました。

初めての土地なので,ちゃんと伝わるのか

知ってくれる人がいるのか、興味持ってもらえるのか

すべてが不安ですが、祈りの場である教会などが

たくさんあるところなので、百貨店に足を運んでもらえ

お話しできればと思います。

なかなか生の音色を聞いて頂く機会もないので

このあっという間の6日間ですが、買い物がてらに

どうぞお立ち寄りください。

お待ちしています。

 

長崎浜屋 8階催事場 『第24回 職人の技展』

 2019年5月29日(水)から6月3日(月)

  10:00〜19:30(最終日17:00まで)

 

 

 

| お知らせ・イベント | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
大変も笑顔で吹き飛ぶ!

快晴で夏日だった週末、90歳を筆頭の母方の姉弟、いとこで

有馬温泉に行ってきました。

年に1度の行事となった集まる会です。

ホテルに集合し、待ち時間、部屋への移動、荷物、

お風呂や食事会場などなど揃って動くごとに大変で、

少し歩いては、そこで立ち止まり話込む・・たとえ道の真ん中で

あろうともといった状況がほんの5メートルの間に

何回あるの・・?といった具合。荷物はそこらに置きっぱなし。

口に出せば、ストレートな物言いで、ホテルの人にすいません・・と

頭を下げたり、気を悪くされているのではとドキドキしたり。

本当に本能のままに生きている人たちです(^^;)

大変だったけど、元気な姿や笑顔いっぱい見せてくれて、

いっぱい感謝の気持ちも言葉にして言ってくれ、だから

また次回も頑張ろうって思えます。

普段は遠いので簡単に皆に会えないため、こういう集まりが

何をするより1番の親孝行だと笑顔を見ていたら思います。

皆高齢で来年があるのか、いつ何時?あと何回出来る?

っていう状況ですが、少しでもたくさん作ってあげたいなと

感じます。来年もみんな元気で会いましょうね。

 

 

 

 

| 人生いろいろ | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい時代!

平成から令和、新しい時代が訪れました。

平和で皆が幸せになれるそんな月日が流れる事

願ってます。

世の10連休をテレビなどで感じつつ、

30,1,2日は、工房は動いています。

少しづつお客さんも来てくださっています。

前を走っている電車の音を除けば、ゆっく選べるので

皆真剣におりんと向き合って下さっていて、

これ!って、決められるまで見守りながら、

ときどき言葉を挟みながら待っている時間です。

自分だけの一つだけの音色を選び、大事そうに抱えて

帰られる姿は、何とも私の方まで嬉しくなります。

末永くそばで支えられる音色となること祈ってます。

お天気も徐々に回復し、1時間ちょっとの車通勤で

すごく混んでいるところといつもより空いている通りと。

1番渋滞がひどいのは宇治で抜けるのに時間がかかります。

宇治も平等院を始め万福寺や三室戸寺、緑茶にまつわる

たくさんのスイーツやソフトクリーム、ランチなど

色々なお店があり、郊外なので駐車場も多いため

車での移動が多いのでしょうか。

家族やカップルなど楽しそうで羨ましく思いつつ

毎朝この渋滞にはまっています。

明日からは工房はお休みとなりますが、

お時間が合えば工房に向かうこともできますので

ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

| あなたへの逸品 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
苦手と触れあいと穏やかな時間

暑かったり寒かったり、太陽ぎらぎらだったり

雨が降ったり・・・相変わらず気まぐれな春です。

東京から帰り、たまっている仕事など済ませていると

もう平成が終わる、新しい時代「令和」が来る。

そして大型連休。。なんだか落ち着かない。

工房はカレンダー通り4月30日、5月1,2日は

通常通り仕事していますので、ギャラリーも見て頂けます。

お問い合わせやご連絡もお待ちしています。

お電話は075-691-7479

昨日は好奇心から応募して当たったので、

乗馬体験してきました。そんなこともないと

一生馬に触ることも無いだろうと思った。

私にとっては、ものすごいチャレンジ!

昔から馬どころか小さい動物も恐怖心がいっぱいなので、

駐車場から受付の建物は1番奥にあり、そこに向かう途中

歩きながら馬小屋や走っている姿を見ているだけで

足がすくみ、手がこわばった。

馬って敏感だからこんなんで大丈夫かな、気付くのでは・・

と不安いっぱいで始めたが、トレーナーさんの優しい対応と

とってもおとなしく、かしこい馬だったので無事乗ることが出来た。

少し歩いただけったけど爽快で楽しかった。

動物との触れ合いも大丈夫なんだと。

小さい頃から子犬に追いかけられ、吠えられた

恐怖心やトラウマが変えられるかも・・。

またいつか、何かの場面で触れ合えたら、

あたたかい気持ちで柔らかい眼差しで

見つめられるんじゃないかなと感じた。

半世紀生きた後の1歩前進!成長だな。。

 

 

 

| チャレンジ!! | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京町屋でのイベントを終え・・

夏日のように暑かったり、急激に冷え込み雪が・・

という日もあったり、お天気や気候に振り回された

東京町屋の響展でした。

それまではほんとに知らなく、足を踏み入れたことも無い

場所『町屋』です。

泊まっていたホテルも大手町と神田の間。

大手町で降りるのと神田で降りるのと隣りあわせでも

全く表情の違う、行きかう人々の雰囲気も違ってた。

東京っておもしろいなーと思った。

大手町は見上げれば高層ビルや渡れないので地下街ぐるぐる、

しばらくは迷わずすんなりとホテルに帰れなかった。

ギャラリ−のある場所は、下町でほんわかした暖かく

ゆるーい空気の流れる場所。

いつもは毎朝戦場に行くような気持ちで出発するのだが

駅からお散歩しながら,お昼の弁当やパン、飲み物買ってなど

こんな時間が流れた。どうしたらいいのかと焦るも

なかなか人が来ないので、どうしようもなく、

7日間が終わった。

これでは二方屋も、ギャラリーサイドもだめやし

もう1度やるなら、本当に真剣に企画を練らなければ

いけないと思った。

簡単ではないな…と思う。

一緒に売り場に立って、いろいろ気を使っていただき、

おしゃべりしながらの時間楽しかったです。

本当にお世話になりました。

またこの場に戻れる力を付け、パワーをたくさん秘めて

大きくならなければ・・と感じております。

 

 

 

 

| こりんの葛藤 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
「京都知新」見て頂きありがとうございます

4月7日に放送された「京都知新」。

たくさんの方が朝早くにもかかわらず見て頂きました。

うまくまとめて頂きました。

ありがとうございます。

その中で、ご連絡いただいたり足を運んでくださる方々。

興味を持って頂きありがとうございます。

放送当日、日曜の朝、二方屋東京イベントのため不在でしたが

息子が工房に来られるお客さんを出迎えました。

今年改装し、ギャラリーをオープンいたしましたが

基本的には工房のため、日曜日、土曜日は半分くらいは

お休みになります。

そして鋳込みの火を入れる時は、手が離せなく

暗い中でするためシャッターを閉めています。

もし遠方から来られたら申し訳ないので

ご連絡、一報頂ければと思います。

ゴールデンウィークもカレンダーの黒文字の

4月30日、5月1,2日は、おります。

ぜひ生のおりんの音色を聞いて下さいね。

お電話お待ちしています。

 

 

| お知らせ・イベント | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜と共に 響展東京stage8


4月。大好きな桜の季節です。

車で通う道も大きな桜が花を咲かせ

毎年すごくきれいで楽しみにしているのですが、

日曜日から東京に向かうので、満開は見られず、

今年は5分咲きの今日が最後かな・・?

4月に入っての3日の朝は、夜中から急に冷え込み寒いと思ったら

朝、自宅近辺では、屋根が真っ白に雪が積もっていました。

変化する春の気まぐれな気候。着るものに困ります。

東京の準備も寒いか?暑いか?荷物が増えそうです。

7日の日曜日から東京に向かいます。

月曜日はお得意先に伺い、午後から搬入。

そして9日から東京響展が始まります。

今回新しい場所での響展。

荷物や準備もどうしようって、迷いながら

考えながら作っています。どことなく緊張してます。

たくさんの方がご来場いただければ嬉しいです。

いろんな新しい出会いがあること願います。

galleryからもたくさんのDMを配って頂きました。

関東の方も音色を聞いてみようかと思われている方も

是非おでかけ頂ければ嬉しいです。

お待ちしています。

響展東京 stage8  Japan Creative 龍屋

2019/4/9(火)〜4/15(月)11:00〜18:00

             (最終日16:00閉展)

   東京メトロ千代田線『町屋』駅出口1より徒歩7分

| お知らせ・イベント | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
10年遅れでみつけた道

今年の3月、二男が動物の専門学校を卒業した。

高校卒業から10年。大学でのイタリアンの店のバイトから

始まり、飲食店での職を続けてきた。

明け方5時頃帰り、1日1食の食事をし、寝て

そして午後2時頃また仕事に向かう。

どうみても体には相当良くない。

傍から見ていて若くないと続かないし絶対身体を潰すと

思っていた。本人も実感したのか2年前の年末、

仕事を辞めて専門学校に行くと言った。

それから2年、10年のブランクを埋めるかのように

勉強し、(10年前にやっとけばよかったのに・・)

20歳くらいの女の子と共に机を並べ、

まだ国家試験にはなっていないが、動物看護士の

資格免許試験を受け合格し、やっとスタート地点に立った。

小学校の卒業文集には大人になったらなりたい職業

「ペットショップの店員」と書くほどの動物好きだったけど

田舎に住んでいながら1回も犬や猫を飼うことが出来なかった。

やっぱり好きで欲しかったんだなって改めて思う。

私の通勤経路に専門学校があり毎日前を通っていた。

2年間そう思って通っていたが、あっという間だった。

4月から新しい勤務先も決まり、今バイトで通っている。

いろいろな種類の動物たちが病院に訪れ、

触れ合いながら、看護しながら時にはめちゃくちゃ噛まれて

傷だらけで帰ってくるけどなんだか楽しそうで。

やっと自分の道を見つけて歩き出したYusuke.

今家族と同様、かけがえのない存在になっているペット。

たくさんの人たちの役に立ち、頑張ってほしいと願っています。

 

 

 

 

| 人生いろいろ | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/65PAGES | >>