CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
製品紹介





京都・壬生  二方屋
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
お火焚きでの火の行方、来年の行方
今年もよい秋晴れのなか、お火焚き祭無事終えました。

火がだんだんと小さくなり、消えるかと心配したのですが

その後護摩木に移り、勢いよく燃え上がりました。

感謝と共に来年も11月8日のお火焚きを迎えれますよう、

この1年もちゃんと火が回ります様にと祈りながら・・。

午後からは、ここ数年の例年のごとく京都博物館に行き

特別展 京のかたな 「匠のわざと雅のこころ」を見に行きました。

刀の事は疎いので、よく分からなかったのですが

たくさんの人が行列で見に来てました。

休日だったら2時間待ち・・とか。。

コラボ展示でアニメの刀剣乱舞が開催していたので

若い女の子もたくさん見に来ていました。

すごいな・・って、刀の違いよりおりんの音の違いの方が

断然わかりやすいと思うのに、おりん展だとこんな行列はまず

ないだろう、どうしたら人が興味を持ってくれるのだろう?

なんて考えながら、歩いていました。

結局1歩づつ頑張るしかないか・・!にいきつきます。。

来年もまた頑張ります!!

来週は東京の京都館が閉館になったので、東京の響展が

出来るギャラリー観に行ってきます。

ぜひ春には東京で開催したいと思ってます。

| 人生いろいろ | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
日常の中での一つの音色に
冷え込んできて自宅ではストーブをたく日々が始まります。

まだまだ紅葉も早い時候ですが、通勤で車で通り抜ける

宇治や伏見そして京都市内には地方、海外の観光客が

11月になって、めっきり増えています。観光に強い京都です。

おりんをいつか買いたいと思って下さった方が観光と共に、

女性お一人とご夫妻の方、午後から2件工房へ

来てくださいました。舞妓りんと大地のおりん。

音色を吟味し、これだと思うものをみつけ、購入されました。

改装も中途半端な荷物だらけの事務所でのご対応だったので、

申し訳ないな‥と思っていたのですが、

ここまで聞きに来て良かったと言って下さり・・(^0^)/

どうにか今年中には完成するみたいなので、

2019年新年にはきれいにしてお出迎え出来ればと思います。

仙台と茨城県。遠いところから本当にありがとうございました。




| あなたへの逸品 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の地元、京都伊勢丹
京都伊勢丹の催事が無事終わりました。

地元の方が少ない伊勢丹ですが、東京や地方の方

去年は中国からの複数の旅行者が買ってくれたのですが

今年は欧米の人が多く中国は少なかった。

来店者数もかなり減り、売り上げも全体的に苦戦のようでした。

地元で今年初めての催事だったので、今年1月に放映された

よ〜いドン!を見て頂いた方が待ってくれて来ていただきました。

本当にありがたい事です。

ホームページなど見て、地元の伊勢丹まで忘れずにいてもらい

嬉しく、お話しし応対させて頂きました。

ありがとうございました。

友人知人も寄ってくれ見てくれて近場ならではですね。

この7日間は実家に泊まり行き来していました。

こんなことが無ければ、連泊などすることはないのですが

認知が始まり進んでる父の声掛けや心臓を患って介護している母の

話を聞いたり、何かできないか、何が出来るのだろうかと

色々考えさされます。みんないつまでも元気で過ごすことが

幸せなのですが、いろいろな問題を抱えながら

生きていかなければならない事、出来ることが限られている事

手も足も出ないことがたくさんあります。

なんだか寂しく哀しいですが・・・。

今年もあと1つ、阿倍野ハルカスで最終となります。

また足を運んで頂ければ嬉しいです。



| ありがとう | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年最初で最後の地元です
来週の水曜日24日から地元、京都伊勢丹での催事が

始まります。23日が搬入です。

年に1度なので知人たちが寄るわ〜と言ってくれたり、

今年は響展が出来なかったので、京都での唯一の売り出しとなります。

響展に来られた方、いつか・・と思って下さった方、

ぜひお越しください、お待ちしています。

8時の閉店間際でも、お客さんがたくさんおられる百貨店。

忙しかったら嬉しいです。

昨年は、これが終わった直後ダウンしてしまった。。

今年はしっかり体調管理しなければと思います。

京都伊勢丹 10階催物場  10月24日(水)〜29日(月)
「日本の職人展」10:00〜20:00(最終日18時まで)
| お知らせ・イベント | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
小さな工房の小さなギャラリー
朝晩めっきり冷え込んできました。ここ5日ほどで急に・・。

今年中に工房の事務所をきれいにしたかったのですが

このところの大型台風や地震で工務店さんは大忙し!

なので、工房のドア、おもて部分の外観だけ

10月中にしてもらい、あと事務所は今年中には無理かもと。

来年にまたがりそうな感じです。

切羽詰っている人からの順番なので仕方ないです。

戸を透明のガラスに変えたので、まだぐちゃぐちゃな

中の部分が丸見えなのでカーテンで応急処置してます。

看板を上げ、小さなギャラリーを作り、お客さんを迎える

土ほこりもどうなるだろうかと不安もありますが

気持よく、いつでも来ていただけるスペースが出来る事

楽しみです。

完成したら今年は開催できなかった「プチ響展」が

出来ればと思っています。

またブログでお伝えします。

| チャレンジ!! | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
音色だけの勝負!嵐山での舞妓りん
10月になりました。今年も残るところあと3か月。

猛スピードで1年が過ぎていくような気がします。

7、8月京都の星のリゾートさん「奥嵐山の納涼床」での

池の水面と滝の水しぶき、青紅葉と共に涼をとる

非日常的なイベントが8月31日で終えました。

たくさんの方に二方屋の砂張での風鈴の音を

聞いて頂いたことと思います。

セレクトショップでは舞妓りんの販売も重ねてお世話になり、

ほぼ完売で残り数個戻って来ました。

京都のお土産としてか、自分用の癒しとして・・など

私たちが、足を踏み入れない場所で響きを発し、

手にされたのだなぁと思うとなんだか嬉しく思います。

スタッフの方々、企画会社の方などなど、

大変お世話になりました。

またご一緒にお仕事させて頂けたら嬉しいです。




| チャレンジ!! | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
音色ではなく色から入るおりんの取材
9月12日に、京都新聞の取材が入り工房の写真や

親分や職人さんのお話を聞いての打ち合わせがあり、

25日「京の色合い」空間に広がる金色の音という見出しと

大きな写真との素敵な記事に仕上げて頂きました。

(ホームページの白井ベル「お知らせ」をご覧ください)

10月24日からは1年ぶりの地元京都伊勢丹での催事を控えております。

たくさんの方の出会いのきっかけになればとてもうれしいです。

声をかけて頂き、ありがとうございました。



| お知らせ・イベント | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
お客さんに伝え続ける
高松から荷物が戻り、和歌山用にすべて入れ替え検品し

次の日にはまた発送。こんなことが続くけど和歌山までが一段落。

疲れを元に戻すのは、時間が足りないが気を緩めず、

行ってきました。

7月から続いたあちらこちらの催事も、なんとか無事終え、

行けば台風・・などいろいろありましたが、荷物、自分共に

ちゃんと着いて、売り場に立ち、7日間終えて、搬出し

そして荷物と共にちゃんと家に戻る。

これを繰り返すことが出来るということは、

本当の直撃の場所には行ってなかったという事

ひどい被害を受けないで移動できたことは

とても有難い事だという事、ひしひしと感じています。

少しずれたり普通の行動が出来ない、ほんの些細な事でも

不安になりストレスになる。

こんな時にでも、買い物に出かけて頂くことがなければ

全国から一つの場所に集まっている私たちは、

売上につながらない。少ないお客さんに話しかける。

和歌山でも話を聞いて下さり、後日戻ってこられた方

欲しいと思って下さった方、手にして頂きました。

本当にありがたい事だと思います。

どうか少しでも音色で心落ち着き、気持ちが整い、癒すことが

出来ます様にと願っています。








| ありがとう | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
高松で感じたたくさんのこと
色々さまざまなことがあったこの1週間。

祖母の実家のお仏壇のお参りに行ったとき、

いっぱい話したかったと待っていてくれた本家の伯母さん。

楽しい事もいっぱい話したけど、いろいろ胸が苦しくなるような

お話もあり・・ほんとに皆幸せになれたらいいのに・・と

願いながら、また元気でお会いできればという思いでいっぱいでした。

明るく、楽しく元気に共に時間を過ごせたこと感謝です。

次の日は親分の還暦の厄払いのお参りにこんぴらさんへ。

奥社まで、もう人生の中で2度と登ることが出来ないだろうと

胸に刻みながら頂上の厳魂神社まで、本社からさらに

往復1時間以上かけ登りました。ホンマきつかった。。

高松三越の搬入を終え、ホテルに帰ると今までにない大型台風で

次の日が全店閉館になり、ホテルの部屋から出られない状態に。

次の日から1日少ない5日間の催事でしたが、

北海道の地震もあり、買い物どころではない日々。

その中でも二方屋のおりんに出会い、購入された方に感謝です。

昨年からの気に入ってくださった男性も再び来てくださり。

皆様、本当にありがとうございました。

帰りも強風と雨で一時電車が止まっていたりで、

四国から出られないかもしれないと不安もありましたが

無事帰宅できました。が、自宅は居間のガラスが

バリバリに割れていて。。

本当にいろいろあった今回の高松でしたが、命の事

災害の事、なんだかんだ言っても元気で仕事の携われること、

大切な事、たくさんの思いを抱きながら過ごした1週間でした.

荷物が届けばまた次の日には和歌山に発送です。

2年ぶりに行ってきます。良い出会いがあれば幸いです。
  




| 人生いろいろ | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
次の地四国高松へ
神戸の搬出を終え、夜11時過ぎに自宅に帰って来ました。

今回も台風が直撃!!電車が止まり、駅はパニックに。

あべのハルカスの時は、通常通り20時までの営業でしたが

今回は、時間を早めての閉店となり、終えるとあわてて

お弁当など調達し、ホテルに帰りました。

家は心配ですが、ホテルだと強風にも強いし安全だし、

早く帰れ、疲れた体をゆっくり労れた時間でした。

長く売り出しに来てるけど、初めての体験で・・・。

なかなか9階まで上がってこられなく、人が少ない中

広告を見て、買いに来てくださった方など

本当にありがとうございました。

たまたまが重なり、りんを購入して頂くことのご縁を

頂いたり、苦しく長い6日間でしたが、

無事終えることが出来ました。

最終日、周りの人の搬出が早い事。。

どうぞ片づけてください。の声と同時に帰られる業者さんも。

少しづつ、引いていったにもかかわらず、必死でやっても

最後から2番目の遅さ。これが楽だったらほんとに助かる。

ヘトヘトになり、通勤ラッシュの電車で1時間半かけて

そして車に乗り換え、夜なので1時間ちょっとの道のり。

家の布団で寝られる喜びを感じながら、熟睡でした。

次は土曜日から四国高松に向かいます。

二方屋の立ち上げのきっかけであった祖母の里なので、

本家、分家を訪ねお仏壇参りに行ってこようと思ってます。

また次の台風が動き出しています。

どうか逸れますようにと願いながら向かいます。

高松三越 日本全国職人の技展

9月4日から9日 10時〜19時(最終日17時まで)

















| お知らせ・イベント | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/62PAGES | >>